So-net無料ブログ作成
検索選択

塩川氏「政治知ってる」 上杉氏「開かれた政治に期待」 菅新首相誕生 (産経新聞)

 菅直人新首相が誕生したことについて、鳩山由紀夫首相より期待できるとする元財務相の塩川正十郎さんは「鳩山氏は『海兵隊の抑止力を知らなかった』などというように政治を知らなかったが、菅氏は政治というものを知っている。財務大臣になり財政も勉強しているので、財政再建に全力を尽くすべきだ。子ども手当などパフォーマンスは止めて、世界の中の日本という位置づけで政策を考えてほしい」と述べた。

 一方、「けんかっ早いという欠点もある。総理大臣は一政治家とは違うのだから、一言一言を飲み込んで発言しないといけない」と提言。「参院選は民主党にはプラスに働き、自民党は厳しくなる。菅体制の顔ぶれはまだだが、幹事長が一番重要。小沢一郎氏と関係がなく清廉潔白なベテランにしないとまとまらないだろう」と指摘した。

 また、「小沢氏型の独裁的な政治の脱却を印象づけた」と話すのは、ジャーナリストの上杉隆さん。「旧民主グループなどから幅広い支持を集め、さきがけ政治の復活といえる。演説で政策調査会の復活を述べた際には、民主党議員から拍手と歓声が起こった。トップダウンだった小沢氏型からの変化を感じさせた」と印象を述べた。

 その上で、「新首相には、開かれた政治に期待する。特に、記者会見の徹底したオープン化。鳩山氏は中途半端にしかできなかっただけに、これができるかどうかに注目したい。官房長官に内定した仙谷由人国家戦略担当相は情報公開できる人であり、手腕に期待している」と話した。

【関連記事】
首相が初のオープン会見、「珍質問」「激辛質問」も続々…
国民投票法機に憲法論議を 元財務相・塩川正十郎
一流塾、第3期の講義開講 次代担う経営者を育成
首相「海兵隊が抑止力と思わなかった」
沖縄の持つ「抑止力」に着目せよ

<民主代表選>4日午後に首相指名選挙(毎日新聞)
樽床氏「衆院定数80削減を」 代表選出馬会見 (産経新聞)
名古屋市議会 市長のPR力に対抗? パネルお目見え(毎日新聞)
<高額請求>弁護士を懲戒 横浜・タイヤ脱落訴訟(毎日新聞)
<CO2>30年の排出量試算、1990年から約30%減(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。